• 日本オフィス

    0120-4192-09

  • NYオフィス

    1-917-703-4236

高校留学 High School

アメリカの高校に進学する事で、将来の進路の幅が広がることは確かです!
若いうちからアメリカ人と共に勉強、生活するすることは、大きなチャンスとなることでしょう。
高校進学に興味をお持ちになっている方、ご相談承ります。

高校留学バナー

アメリカの高校へ進学するには?

アメリカの高校に進学する事で、将来の進路の幅が広がることは確かです!そのままアメリカの大学に進学する事はもちろん、日本の大学を受ける事も可能です。
一方で10代から親元から離れて、はるばるアメリカの高校に進学することは、さまざまな困難、チャレンジも待ちかまえています。
語学や新しい文化を受け入れる柔軟さのある若いうちからアメリカ人と共に勉強、生活するすることは、大きなチャンスとなることでしょう。
たくさんの困難を乗り超えてこそ得られる、その後の人生の大きな財産になることは間違いありません。
また、アメリカの大学への進学を考えてい方は、高校課程の段階で留学を始めるとその後の大学進学の際に必要な英語力や知識を身につけることができる為、スムーズに進められるメリットもあります!
高校進学に興味をお持ちになっている方、何から調べたらいいのか悩んでいらっしゃる方は、まず当センターの留学相談(留学カウンセリング)をお受け下さい。

LINEカウンセリング:現地スタッフへの無料留学相談こちらから👇



弊社のアメリカ高校進学サポート

先ずは、個別留学カウンセリングを行い、ご希望の条件に合った高校をご提案致します。
アメリカには数多くの私立校がございますので、どこの州の高校がいいのか、どんな雰囲気の高校が自分にあっているのか、挑戦したい部活動など、細かく留学カウンセラーへお知らせ下さい。
学校が決まり、正式にお申込み頂く流れになりましたら、弊社のサポートを開始致します。
弊社の高校進学サポートは、お客様からの学校に関するご質問をお客様に代わって通訳として、直接高校に問合せ、ご入学手続きの流れや学生ビザの申請手続きを一つ一つ確認しながら進めさせて頂きます。
お客様が出願を開始してから高校に無事ご入学されるまでのフルサポートをさせて頂いております。
弊社の高校進学サポートは、有料サービスとなりますが、先ずはお気軽に無料留学カウンセリング(1時間程度)をお受け下さい。

留学カウンセリング予約
ニューヨーク現地オフィスへの留学相談はこちらからメッセージをお送り下さい。カウンセリング予約を承ります。



お申込みの流れ

出願校決定
個別カウンセリングを行い、ご希望の条件に合った学校をご提案いたします。アメリカには数多くの私立校がございます
ので、力を入れたいこと、学びたい科目、挑戦したい部活動など学校選びで重視したいことを細かく担当カウンセラーへ
お知らせ下さい。

お申込み、出願サポート費用のお支払い
出願校が決まりましたら、正式にお申込み頂きます。お客様からお申込書を受領しましたら、サポート費用のご案内を致します。サポート費用を領収後、サービスを開始致します。

出願書類の準備
出願に必要な出願必要書類の準備を開始します。
担当カウンセラーが高校へ出願必要書類を確認し、詳細を一つ一つご案内致します。

面接
出願手続きが完了しましたら、オンライン面接日時を調整します。アメリカとの時差がありますので、予めご了承下さい。

合格発表
面接が終わり、早い学校は数日で合否の結果が届きます。留学生と現地の学生を区別していない学校は、学校が決める日付(2月下旬から 3 月上旬)での発表となります。

学生ビザ申請
学校から合格通知が届きましたら、学生ビザの申請を開始します。
学生ビザの申請の流れは、担当カウンセラーが順を追ってご案内致します。

学生ビザの受理
アメリカ大使館もしくは領事館でのビザ面接が終わり、平均7日後にご自宅へビザが貼られたパスポートが返却されます。パスポートが返却されましたら、ビザのページの写真を担当カウンセラーへお送り頂き、高校のビザ担当者へ提出します。

渡航前案内、渡米!
渡航前になりましたら、アメリカ渡航前の案内を致します。航空券のお手配、現地空港出迎えのお手配もさせて頂きます。
また、学校指定の医療保険がない学校へのご留学の場合は、日本の海外旅行保険にご加入頂きます。

アメリカの学年制度(Grade)

音楽の授業 アメリカの高校(Higth School)は、4年制で、15歳~18歳(9th Grade-12th Grade)までになります。
日本の高校は、3年制で、16歳~18歳(1年~3年生)までとなりますので、日本の高校からの編入も可能です。

アメリカの高校への入学条件

アメリカの高校は入試がありません。出願必要提出書類をもとに、学校が書類審査を行い、合否が判定されます。
提出書類は主に以下の通りです。

・中学の成績証明書(英文発行)
・エッセイ(英文)
・TOEFL iBT/IELTSの成績証明(学校によって基準点が異なります。)
・Skype、Zoomでの面接
など
※詳細は、各高校によって異なります。

そのため、日本の高校入試よりも、成績が重要となってきます。

アメリカの高校生活

ボーディングスクール生活

ボーディングスクール(Boarding School)とは、寮制の学校のことです。
ボーディングスクールでは、学校スタッフや教師が一緒に生活していたり、学校の中に寮があったりします。生徒が寮母や教師に見守られつつ、成長することができるのシステムです。
また、ボーディングスクールの特徴としては次のようなものがあります。

・高校のカレッジカウンセラー(進路相談)が生徒の特徴を見極めながら指導するため、大学進学率がほぼ100%。
・スポーツ・芸術を含めた様々な才能を持っている学生の能力を最大限に伸ばしていきます。
・集団生活を通していくことでコミュニケーション力や協調性を養っていきます。考える力や問題を解決している能力をつけさせます。
・異文化交流、多くの人との交流を通して将来に向けてのネットワーク力をつけられます。

アメリカの高校のシステム

在籍学年 4学年(15歳~18歳)
学期 2学期制 前期:8・9月-12月20日頃 後期:1月3日-5月下旬・6月
教科 必修科目:アメリカ史と英語 その他は選択
授業 取得教科によってクラスメンバーが変わる(複数の学年が混在)
授業時間 43分-53分・90分など学校によって異なります
宿題 ほぼ毎日
担任 カウンセラー:学生によって異なります
部活 シーズン制:秋・冬・春ごとにスタート

一年のスケジュール

学校での1年度のことを「アカデミックイヤー(Academic year)」といいます。

アカデミックカレンダー例
秋学期 9月3日 新入生到着日
9月4〜6日 オリエンテーション
9月6日 科目登録
9月8日 授業開始
10月12〜14日 中間試験
11月20〜23日 期末試験
11月24〜30日 感謝祭休み
冬学期 12月1日 冬学期開始
12月18日〜1月4日 冬休み
1月5日 授業開始
2月3〜4日 中間試験
3月3〜5日 期末試験
3月6〜26日 春休み
春学期 3月29日 春学期開始
4月27日〜29日 中間試験
5月28日〜6月3日 年度末試験
6月4日 卒業式
6月5日〜 夏休み

卒業後の進路

高校留学中の2年生あたりから大学進学に向けた進学指導が始まります。アメリカの大学に進学するか日本に戻って進学するかの道を選びます。
その時期には日本とアメリカどちらが自分に向いているのか、方向性を決め決断することになります。
留学生を受け入れるほとんどの高校が大学進学校ということで各校に進路指導専門のカウンセラーが常駐しており、大学進学への指導はしっかり行われます。
ごくまれにヨーロッパやカナダへの大学に進学することもありますが、アメリカと日本の大学への進学の割合は半々くらいです。

よくある質問

高校留学の準備はいつから始めればよいですか?
留学期間にもよりますが、準備は早いに越したことはありません。まずはカウンセリングで、留学先などを具体的に決めていきます。実際に留学するまでには1年以上の準備が必要となってくるので、できるだけ早めにご相談ください。
高校留学に必要な英語力(語学力)はどのくらいですか?
高校留学では、授業についていけるだけの英語力(語学力)があると安心。英検だと最低でも3級以上が目安で、中学卒業レベルの英語力が身についていると良いでしょう。学校によっては留学生向けの英語コースが用意されていることもあるので、事前に調べておくことをオススメします。
高校留学後、そのまま海外の大学に進学することはできますか?
留学先の大学の基準に達していれば、そのまま進学することはできます。また、別の国に大学留学するという手もあります。奨学金制度などの利用もできるので、海外の大学への進学をお考えの方は、どんな準備をすべきなのか早めに確認するようにしましょう。
日本と海外の高校とでは学年が変わりますか?
留学する国や学校によって、どの学年に対応するのかは異なります。また、学力や語学力などを考慮して、あえて1学年下からスタートするという場合もあります。語学が不安…という方は、ESLという英語コースが設けられている高校もあるので、詳しくはカウンセリングでお話いたします。
海外と日本の高校の違いは何ですか?
国によってさまざまですが、まずは授業への参加意欲が大きく異なります。ディスカッションなど参加型の授業も多く、授業への取り組みも評価基準となります。また、幅広い分野から専攻を決められるのも特徴のひとつ。将来の進路に合わせて科目や専攻を選べるので、興味のある分野の知識を増やすことができます。
高校留学で友達はできますか?
自分から積極的に話しかけることで友達を作ることができます!高校だけでなく、学外のイベントに目を向けたり、同じ立場の留学生と交流したりすることで、交友関係が広がっていきます。簡単な自己紹介やSNSアカウントを書いたカードを配ってみると、話題のきっかけになるのでオススメです。
部活はありますか?留学中の週末や放課後の過ごし方はどうしているのですか?
部活の有無は、学校によってさまざまです。アメリカは季節によってアメフトや野球などを行います。部活がない国では、代わりに地域のクラブなどに参加するという方法もあります!また、放課後は習い事をしたり、友人同士でカフェに出かけたり、授業の予習や復習をしたりと過ごし方はいろいろ。ホームステイでの滞在の場合は、ホストファミリーと外出を楽しんでみるのもおススメです。
ニューヨーク留学センターでお申込みをするメリット
ニューヨーク留学センターでは、ご両親様やご本人様のご希望をお伺いし、数あるアメリカの高校の中からお子様にあった高校をご提案させていただきます。
未成年の初めての海外留学での、困ったことや急な対応も、日本とニューヨーク両方からサポートを行っています。
また、お申込み特典である、出発前無料英会話レッスンや24時間緊急現地サポートなど、ニューヨーク留学センターご利用のメリットについてもご覧ください。


留学のご相談はこちら

日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

NYオフィス

1-917-703-4236

月~金10:00~18:00(NY時間)

Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.